幌加内町観光協会

トップページ 新着トピックス イベント 観光・景観 アウトドア・体験 宿泊施設 飲食店 特産品 アクセス お問い合わせ
「朱鞠内湖のイトウさん」LINEスタンプ誕生!
今が旬!幌加内で新そばを食べよう!
幌加内にしかない観光・景観
大自然に囲まれてアウトドアを満喫!
見たことない!?幌加内の写真

幌加内町のご案内

幌加内町は北海道の北部にあり、旭川市から北西へおよそ50km程の位置にあります。
南北に長い地形で四方を山に囲まれており、非常に寒い地域です。
幌加内町には3つの日本一があります。

そば畑の面積日本一

そばの作付面積が3,200ha以上、生産量も約3,000トンと共に日本一です。
7月下旬〜8月上旬には真っ白なそばの花が見頃を迎え、その綺麗な光景はまるで「白いじゅうたん」です。
8月下旬〜9月上旬土曜・日曜に「幌加内町新そば祭り」を開催し、日本全国から4万人以上の来場者を迎えます。

日本最大の人造湖朱鞠内湖

幌加内町北部にある「朱鞠内湖」は雨竜ダム建設に伴って作られたダム湖で、表面積は2,373haで、人造湖としては日本一の広さを誇ります。(東京ディズニーランドが約30個分)
大小13の島々が浮かぶこの湖は、春夏秋冬、四季折々の顔を持ちます。

日本最寒記録−41.2度

昭和53年2月17日、幌加内町の母子里(もしり)地区で、マイナス41.2度を記録しました。
気象庁の対象から外れている為に公式記録にはなっていませんが、実質的に日本一の最低気温です。
マイナス41.2度を記録した2月17日は、日本記念日協会から正式に認定されています。

[ほろかないplus]facebookページ開設
フォトコンテストのご案内
facebook 新着情報